切手買取というのは大原則として

切手買取の大原則と言える部分としてあるのがまだ使っていない切手であるのかどうかということです。
使用されているとしても価値のある切手というのは少なからず存在しているのですが普通に販売されていたものではなかなか難しいことになりますので基本的に切手買取で求められているのは未使用新品のものということになるでしょう。
一枚からでも買取してもらうことができることもありますが基本的には1シート単位で、としているところもありますから注意しておくことです。
換金率なのですがそこまで業者によって大きく違うということもないのは切手買取の特徴的な部分であると言えなくもないです。
ただしアンティーク系の切手に関してはやはり業者間でかなり違いがありますのでその点は注意しておいた方が良いというでしょう。
当たり前ではありますが本当に価値がある切手というのは物凄い金額になることがあります。
そうした物であれば比較するためにいくつかの業者に持っていくことです。